Commit a893bd5e authored by Hugo Ishimaru's avatar Hugo Ishimaru
Browse files

Update japanese manual to version 3.3.2.13

parent 38159c01
......@@ -42,7 +42,7 @@
 
@end macro
@macro Jver
3.3.2.11 (2018-10-19)
3.3.2.13 (2018-12-17)
@end macro
 
@c for install-info
......@@ -1214,21 +1214,23 @@ ASDFの設定をデフォルトに戻します。具体的には、@ref{ASDFが
 
でロードできます。(@Jxref{便利な関数})
 
@c Note that the canonical name of a system is a string, conventionally lowercase.
@c A system name can also be specified as a symbol (including a keyword),
@c in which case its @code{symbol-name} is taken and lowercased.
@c Note that the canonical name of a system is a string, in @emph{lowercase}.
@c System names can also be specified as symbols (including keyword
@c symbols).
@c If a symbol is given as argument, its package is ignored,
@c its @code{symbol-name} is taken, and converted to lowercase.
@c The name must be a suitable value for the @code{:name} initarg
@c to @code{make-pathname} in whatever filesystem the system is to be found.
 
システム名は文字列であり、すべて小文字にするのが慣習です。システム名を指定する時にはシンボル(キーワード含む)も使えます。シンボルは@code{symbol-name}で文字列に変換され、さらに小文字に変換されます。また、システム名の文字列は@code{make-pathname}の@code{:name}引数として(システムがスキャンされるファイルシステム上で)有効でなければなりません。
標準のシステム名は文字列であり、すべて@emph{小文字}です。システム名を指定する時にはシンボル(キーワード含む)も使えます。シンボルは@code{symbol-name}で文字列に変換され、さらに小文字に変換されます。また、システム名の文字列は@code{make-pathname}の@code{:name}引数として(システムがスキャンされるファイルシステム上で)有効でなければなりません。
 
@c The lower-casing-symbols behaviour is unconventional,
@c Using lowercase as canonical is unconventional,
@c but was selected after some consideration.
@c The type of systems we want to support
@c The type of file systems we support
@c either have lowercase as customary case (Unix, Mac, Windows)
@c or silently convert lowercase to uppercase (lpns).
 
シンボルが小文字に変換されるのはCLの慣習と違っていますが、検討の末このような仕様になりました。我々がサポートしたいシステムには、小文字を使うのが通例のもの(Unix、Mac、Windows)と、小文字を暗黙に大文字に変換するもの(ANSI CLの論理パス名)があるからです。
小文字を標準とする仕様はCLの慣習と違っていますが、検討の末このような仕様になりました。我々がサポートするシステムには、小文字を使うのが通例のもの(Unix、Mac、Windows)と、小文字を暗黙に大文字に変換するもの(ANSI CLの論理パス名)があるからです。
 
@c @c so this makes more sense than attempting to use @code{:case :common},
@c @c which is reported not to work on some implementations
......@@ -1783,7 +1785,15 @@ ASDFは@file{.asd}ファイルを@code{cl:load}でロードするわけではな
 
 
@c @example
@c system-definition := ( defsystem system-designator @var{system-option}* )
@c system-definition := ( defsystem system-designator @var{system-option}*)
@c system-designator := simple-component-name | complex-component-name
@c simple-component-name := lower-case string | symbol
@c NOTE: Underscores are not permitted. See below.
@c complex-component-name := string | symbol
@c See below.
 
@c system-option := :defsystem-depends-on system-list
@c | :weakly-depends-on @var{system-list}
......@@ -1849,6 +1859,8 @@ ASDFは@file{.asd}ファイルを@code{cl:load}でロードするわけではな
@c | symbol
 
@c pathname-specifier := pathname | string | symbol
@c NOTE: pathnames should be all lower case, and have no
@c underscores, although hyphens are permitted.
 
@c version-specifier := string
@c | (:read-file-form <pathname-specifier> <form-specifier>?)
......@@ -1867,7 +1879,14 @@ ASDFは@file{.asd}ファイルを@code{cl:load}でロードするわけではな
@c @end example
@example
system-definition := ( defsystem system-designator system-option* )
# @Jxref{コンポーネント,,システム指示子}
# @Jxref{システム指示子}
system-designator := simple-component-name | complex-component-name
simple-component-name := lower-case string | symbol
# アンダースコアは許容されていません。@Jxref{単独のコンポーネント名}
complex-component-name := string | symbol # @Jxref{複合的なコンポーネント名}
 
system-option := :defsystem-depends-on dependency-def
| :weakly-depends-on system-list
......@@ -1934,8 +1953,8 @@ dependent-op := operation-name
required-op := operation-name
# [訳注] 現状では required-component := dependency-def と考えて良さそうです。
 
simple-component-name := string | symbol # @Jxref{コンポーネント名}
# パス名はすべて小文字であるべきです。アンダースコアを含むべきではありませんが、
# ハイフンは許容されます。
pathname-specifier := pathname | string | symbol
 
version-specifier := string
......@@ -1954,13 +1973,74 @@ feature-expression := keyword
| (:not feature-expression)
@end example
 
@c @subsection Component names
@subsection コンポーネント名
@anchor{コンポーネント名}
@c @subsection System designators
@subsection システム指示子
@anchor{システム指示子}
@c System designators are either simple component names, or
@c complex (``slashy'') component names.
システム指示子は単独のコンポーネント名(例: @code{"foo"})か、またはスラッシュで区切られた複合的なコンポーネント名(例: @code{"foo/bar/baz"})です。
@c @subsection Simple component names (@code{simple-component-name})
@subsection 単独のコンポーネント名(@code{simple-component-name})
@anchor{単独のコンポーネント名}
@c Simple component names may be written as either strings or symbols.
単独のコンポーネント名は文字列またはシンボルで指定することができます。
@c When using strings, use lower case exclusively.
文字列を使う場合は、小文字のみを使ってください。
@c Symbols will be interpreted as convenient shorthand for the string
@c that is their @code{symbol-name}, converted to lower case. Put
@c differently, a symbol may be a simple component name @emph{designator},
@c but the simple component name itself is the string.
 
@c Component names (@code{simple-component-name})
@c may be either strings or symbols.
コンポーネント名は文字列またはシンボルです。
シンボルは@code{symbol-name}で文字列に変換され、さらに小文字に変換されます。言い換えれば、シンボルは@emph{指示子}として有効ですが、コンポーネント名そのものは文字列だということです。
@c @strong{Never} use underscores in component names, whether written as
@c strings or symbols.
@c @strong{Never} use slashes (``/'') in simple component names. A slash
@c indicates a @emph{complex} component name; see below. Using a slash
@c improperly will cause ASDF to issue a warning.
@c Violating these constraints by mixing case, or including underscores in
@c component names, may lead to systems or components being impossible to
@c find, because component names are interpreted as file names. These
@c problems will @emph{definitely} occur for users who have configured ASDF
@c using logical pathnames.
文字列であれシンボルであれ、コンポーネント名にアンダースコアを含めてはいけません。
また、単独のコンポーネント名にスラッシュ@code{/}を使ってはいけません。スラッシュは複合的なコンポーネント名を表すのに使われます。この点については次のサブセクションを参照してください。スラッシュが不適切に使われている場合、ASDFは警告を発するでしょう。
これらの制限を犯した場合、つまり、大文字と小文字を混ぜたり、アンダースコアを使ったりした場合、ASDFがシステムやコンポーネントを見つけるのが不可能になる可能性があります。というのも、コンポーネント名はファイル名として解釈されるからです。特に、論理パス名を使うようにASDFを設定したユーザーは、@emph{確実に}このような問題に直面するでしょう。
@c @subsection Complex component names
@subsection 複合的なコンポーネント名
@anchor{複合的なコンポーネント名}
@c A complex component name is a master name followed by a slash, followed
@c by a subsidiary name. This allows programmers to put multiple system
@c definitions in a single @code{.asd} file, while still allowing ASDF to
@c find these systems.
複合的なコンポーネント名は、いくつかの名前を階層に従ってスラッシュ区切りで並べたものです。この仕組みは、1つの@file{.asd}ファイルに複数のシステム定義を置いた場合に、ASDFがそれらを見つけられるようにするためにあります。
@c The master name of a complex system @strong{must} be the same as the
@c name of the @code{.asd} file.
@c The file @code{foo.asd} will contain the definition of the system
@c @code{"foo"}. However, it may @emph{also} contain definitions of
@c subsidiary systems, such as @code{"foo/test"}, @code{"foo/docs"}, and so
@c forth. ASDF will ``know'' that if you ask it to load system
@c @code{"foo/test"} it should look for that system's definition in @code{foo.asd}.
この際、最上位の名前(master name)は@file{.asd}ファイルの名前と一致していなければなりません。例えば、@file{foo.asd}ファイルにはシステム@code{foo}が定義されているでしょうが、それに加えて@code{foo/test}や@code{foo/docs}などのシステムも定義することが可能です。ASDFは、システム@code{foo/test}をロードするように要求されたとき、@file{foo.asd}ファイルを探せばよいことを知っているというわけです。
 
@c @subsection Component types
@subsection コンポーネント型
......@@ -2131,13 +2211,19 @@ feature-expression := keyword
@c and downcased in the process.
@c The downcasing of symbols is unconventional,
@c but was selected after some consideration.
@c Observations suggest that the type of systems we want to support
@c either have lowercase as customary case (Unix, Mac, windows)
@c The file systems we support
@c either have lowercase as customary case (Unix, Mac, Windows)
@c or silently convert lowercase to uppercase (lpns),
@c so this makes more sense than attempting to use @code{:case :common}
@c as argument to @code{make-pathname},
@c which is reported not to work on some implementations.
シンボルが与えられた場合、小文字の文字列に変換されます。小文字に変換するのは慣習と異なっていますが、検討の末このような仕様になりました。我々がサポートしたいシステムには、小文字を使うのが通例のもの(Unix、Mac、Windows)と、小文字を暗黙に大文字に変換するもの(ANSI CLの論理パス名)があるので、単に@code{make-pathname}を@code{:case :common}として使う方式(うまく動かない処理系もある)よりも適切と思われます。
シンボルが与えられた場合、小文字の文字列に変換されます。小文字に変換するのは慣習と異なっていますが、検討の末このような仕様になりました。我々がサポートするファイルシステムには、小文字を使うのが通例のもの(Unix、Mac、Windows)と、小文字を暗黙に大文字に変換するもの(ANSI CLの論理パス名)があるので、単に@code{make-pathname}を@code{:case :common}として使う方式(うまく動かない処理系もある)よりも適切と思われます。
@c Please avoid using underscores in system names, or component (module or
@c file) names, since underscores are not
@c compatible with logical pathnames (@pxref{Using logical pathnames}).
システム名やコンポーネント(モジュール、ファイル)名にアンダースコアを使うのは避けてください。論理パス名がアンダースコアに対応していないためです。(@Jxref{論理パス名を使う})
 
@c Pathname objects may be given to override the path for a component.
@c Such objects are typically specified using reader macros such as @code{#p}
......
Markdown is supported
0% or .
You are about to add 0 people to the discussion. Proceed with caution.
Finish editing this message first!
Please register or to comment